展示会パネルの印刷と費用

HOME » パネル製作ナビ » 展示会パネルの印刷と費用

展示会パネルの印刷と費用

展示会パネルを作るとは言っても、単なるデザイン料だけではなく印刷料なども必要となってくることを知っておかなければなりません。
事実、展示会に利用するパネルは大きく、印刷とは言っても数千円や数万円でできるというものではありません。
利用する紙などによっても違ってくるし、デザインやレイアウトによっても変わってくるのですが、最低でも展示会パネルの作成・制作には数十万円ほどかかります。
予算に関してはそれぞれ違ってくると思いますが、それらの費用についてもしっかりと考えておくことが必要となります。

特に展示会パネルは宣伝や広告の意味も強いので、あまり安っぽいものは作れません。
そのまま安っぽいもので勝負すると、他の企業や会社に負けてしまうでしょう。
そうならないためにも、展示会パネルはある程度質の良いものを作っていくことが必要です。

特に注意したいのが、印刷における紙のことですね。
展示会パネルによく使われるのは光沢紙なのですが、会場によってはマット紙の方が良い場合も多々あります。
当然、印刷する紙が変われば、それにかかってくるコストも変わってきます。
光沢紙とマット紙の他、パールフォト紙などもあり、それぞれ品質も変わってくるのです。
つまり、印刷における費用も結構大きくなることがあるので、その点も展示会パネル作成・制作業者に相談していくことが必要となります。

見積もりを出してもらうと、どれくらいの費用がかかるのかという点についてもわかってきます。
まずは打ち合わせなども含めて、一度相談してみてはいかがでしょうか。
正直なところ、業者も印刷に関してはデザインやレイアウトごとに変わってくるため、しっかり話し合いをしてからではないと具体的な費用も出せません。
あくまでも相場に関しては参考にする程度にし、印刷の状況やブースの施工の状況に合わせても考えていくことが必要です。

また、展示会の場合はパネルをどのように設置するかという点でも頭を使います。
特にブースがそれぞれあって、施工しなくてはならない場合、その施工の費用もかかります。
単に展示会パネルの印刷だけで費用がかかると思っていると、思わぬ出費に驚かされるかもしれません。
そうなってしまうと困るので、まずはどれくらいの費用がかかるのかを具体的に考えてみるというのが必要となってくるのではないでしょうか。
少なくとも展示会パネルの専門業者に相談してから決めた方が良いです。